禁煙の成功率アップの為のポイントは様々ですが、中でもまず重要となるのが、自分のニコチンへの依存度をチェックすることです。
自分がどの程度依存しているか次第で、ベストな禁煙法も変わってくるので、タバコを止める決意をした際にはまずこの点を確認することが重要となります。
ニコチンへの依存度は、簡単な質問に回答するだけでセルフチェックできますが、そこでニコチン依存が高めであると判定された場合には、ニコレットを使用したニコチン置換療法で禁煙に取り組むのが良い方法です。
依存度が軽めの場合には、意思の力だけでの禁煙の成功も期待できますが、強いニコチン依存が認められる場合には、意思の力で禁煙を成功させることは困難なのが現実です。
ニコレットはガムによってニコチンを摂取することで、無理なくタバコを止めることができるアイテムで、近年では禁煙を志す多くの人に愛用されています。
禁煙が難しい要因は、朝起きた後や食事の後など、決まったタイミングでタバコを吸う習慣による行動記憶もありますが、最も厄介なのは離脱症状です。
長年続けてきたニコチンの摂取をいきなり止めることで、イライラ感や集中力の低下、不眠など様々な悪影響が現れてしまう為、無理なくニコチン摂取を減らしていくことが重要となります。
ニコレットで離脱症状が出ないようにニコチンを摂取しながら、徐々に摂取量を減らすことで禁煙のストレスを和らげることができますが、ガムタイプである為、禁煙時特有の口寂しさを紛らわせることができる点もメリットです。
無理な方法で禁煙に取り組み、途中で失敗してしまった場合、更にニコチン依存度が高くなってしまうケースもあります。
依存度チェックをしっかりと行い、ニコレットで無理なく禁煙を行いましょう。