たばこが健康被害をもたらすことはすでに良く知られており、日本においても健康保険の適用によって、禁煙治療が受けられるようになっています。
近年の多くの医療機関では、禁煙外来が設置されていて病院で禁煙のために治療が受けられます。
たばこにはニコチンが含まれていて、中毒症状があることから禁煙することが難しい原因となります。
ニコチン依存症における治療に保険が適用されるようになってから、禁煙外来の設置が開設されて、その業務では薬剤師の役割も大きいものと言えます。
禁煙外来での補助剤の選定は医師によって行われますが、使用法の説明については薬剤師が行うことが多く、再診のときには薬剤師による禁煙補助剤の副作用の確認などが行われます。
禁煙補助剤としてニコレットガムなどが使用されており、たばこを吸っていない間に起こる禁断症状を緩和させる役割があります。
ニコレットガムにはニコチンが含まれていて、即効性があることから、摂取してすぐに離脱症状を抑制させることが可能です。
ニコレットガムを使用した禁煙治療では、一般的な治療と比較して2倍の成功率があります。
喫煙することによって摂取したニコチンは、すぎに脳へ到達しますが、ニコレットガムによって吸収したニコチンは速度が緩やかな特徴があります。
ニコレットガムは離脱症状を緩和するための、血中濃度が維持できるように作られています。
ニコレットガムは医師の処方による入手だけではなく、一般の薬局でも取り扱っている禁煙補助剤となりますので、薬剤師による説明は大変重要なものとなります。
用法としては、喫煙欲求があらわれたときに、ニコレットを1回あたり1粒ゆっくりと噛んで摂取します。
禁煙を達成するために、1日あたりの噛む量を少しずつ減らしていく必要があります。