禁煙はタバコを喫煙するのをやめることを言いますが、煙草にはニコチンが成分として含まれており、ニコチンによる中毒症状からやめられない人も多くいます。ニコチン中毒に陥る仕組みとしては、煙草を吸うことで脳内で快感物質であるドーパミンが分泌されるためで、この快感を得ようと中毒症状が出るものです。このため禁煙をする場合には、まずニコチンに依存しない身体にする必要があります。
ニコチン中毒を軽減するための薬としてはニコレットが有名です。禁煙成功者の多くがニコレットを使っていますが、その仕組みとして低用量のニコチンを計画的に摂取することで過度なニコチン中毒を解消するというものです。ニコレットはガムと同じで噛むことでニコチンが吸収されますが、1回1個を30分から60分ほどかけて噛む必要があります。噛むことで口元の寂しさを紛らわせることができ、禁煙への成功者へと近づけることができます。
一方で完璧な禁煙を目指すものではありませんが、禁煙までのステップとして刻み煙草で煙草を減らすという方法があります。現在、売られている紙巻きタバコはフィルターが取り付けられており、取り出して火を付ければすぐに喫煙を楽しめるようになっており、この結果、依存性が増す原因となっていますが、刻み煙草の場合にはキセルを用いて喫煙する必要があります。このため紙巻きタバコを吸うよりも時間が掛かるため、気軽に喫煙するといったことの障害になります。また刻み煙草の場合には一度に吸える回数も少なく一度のニコチンの摂取量も自然と減ることになります。ニコチンの摂取量が減ることで煙草への依存性がなくなり、比較的禁煙に成功者になりやすい体質に変えることが可能になるメリットがあります。